転職業界最大手リクルートが提供する20代専用の就職エージェント「就職shop」!

ニート

20代ニートが今すぐ就職支援を受けるべき絶対的な理由

更新日:

20代ニートはたとえ現状に満足していても今すぐに就職支援を受けるべきです。

どのような理由で就職支援を受ける必要があるのでしょうか。

ニートで過ごしている人が知っておきたい事実 ニートで20代を過ごしてきている人は速やかに就職を検討することが必要です。

仕事も就学もせずに無為に時間を過ごしてしまっていて、就業訓練すら受けていないとなると企業としては有望な人材だとなかなか考えてくれなくなってしまいます。

お金に困ってしまったから働きたい、やりがいのあることをしたいから仕事を探そうなどと考えたときには既に遅く、いくら求人に応募しても採用してくれなくなってしまうリスクがあるのがニートです。

 

20代でニートを卒業しなくてはならない理由

20代ニートがすぐに就職すべき理由

ニートで過ごしている人が知っておきたい事実として、企業がニートをポテンシャル採用してくれる可能性があるのはせいぜい20代までで、30代ニートは手遅れです。

20代で働くことへの意欲が出てきたなら、企業としても40年前後は雇えるので、現場で育てて役に立つ人材にしようという考えを持てます。

若くてまだ学習能力も高く、知識を付けるにも技術を習得するにも適していると考えられることに加え、体力的にも充実しているので自ら成長するために努力してくれるだろうと期待できるという面もあります。

 

しかし、30代になると体力的にも学習能力的にも衰えが生じ、働ける年数を考えても高々30年程度になってしまいます。

優秀な人なら30代になると管理職として働いている場合もあるため、比較してしまうとあえて採用する必要がないと考えてしまいがちなのです。

また、年功序列の傾向が日本では強いことから、30代になって新卒と同じようにしか働けないとなると他の社員がどのように接したら良いかで悩んでしまうリスクもあります。

現場に動揺をもたらしてしまうと会社としては損失となるため、30代となったら即戦力の人材を手に入れようという傾向が強いのが現状です。

このような状況があることから、ニートから脱却するには20代のできるだけ早い段階に踏み切ることが必要です。

少しでも仕事をしたいという気持ちがあるならすぐに就職活動を開始しましょう。

 

ニートから正社員になるのは困難

ニートが正社員になるのは困難

20代だからといって就職するのが簡単だという考えを持たないことも大切です。

ニートから正社員になるのは一般的に困難です。

20代でも学校を卒業してから就職し、正社員として働いてきている人も大勢います。

アルバイトをして生計を立ててきたフリーターすら正社員に転職するのは難しいのが実情で、業務のサポートをする程度の能力を持っていても有能な人材としては認めてもらえないのが実情です。

アルバイトは職歴として認められないのが日本では一般的ですが、ニートの場合にはアルバイトすらした経験がなく、求人に応募してもアピールできるポイントがあまりありません。

職歴もなく、企業が魅力として感じる部分もないとなると書類選考もなかなか通らないでしょう。

あくまで企業は戦力となる人材を探すために求人を出しているので、たとえ現場で人材がかなり不足していて猫の手も借りたい状況でも、採用して役に立たないと想定される人材は採用しません。

少しでもスキルや経験があってアピールできるポイントがあれば目を向けてもらえる可能性がありますが、ニートとしての経歴が長いと客観的な根拠を持って能力があると伝えるのは困難になりがちです。

 

一方、ニートが正社員になるのが難しい理由として就職活動などの経験を積んでいないことも挙げられます。

面接の受け方や履歴書の書き方などの基本的なノウハウを持っていないと就職には不利になりがちです。

また、そのノウハウがないことから就職活動を始められずに悩んでしまうことも多く、年齢を重ねてしまって状況を更に悪化させてしまいやすいのも問題点です。

中小企業診断士などの資格を独学で目指すという選択肢もありますが、取得までに時間がかかるのでおすすめはできません。

 

 

ニートが成功を勝ち取るために重要な就職支援

ニートが正社員就職を成功させるための就職支援

このような状況から脱却してニートから正社員になれるようにするために役に立つのが就職支援です。

就職支援を利用すれば本当に能力的にも自信がない20代ニートであっても、自分が活躍できる会社に就職できる可能性が十分にあります。

人材サービスは広く行われていますが、一般的な転職支援サービスと異なるのはニートやフリーター、既卒や未経験分野への転職を考えている人などに専門的に対応し、就職するために必要なノウハウを伝授してくれることです。

 

また、そのような初々しい人材を求めている企業を探し出して求人を手に入れているのも就職活動をする上では重要なポイントになります。

就職支援ではセミナーを通して社会人として求められている基本的なビジネスマナーを伝授してもらうことができます。

ニートで全く社会経験がない人でも、就職支援を受ければ20代の社会人が持っているマナーのある人材として評価してもらえるようになるのです。

それに加えて面接を受ける上で必要な身だしなみや言葉遣いなどのマナーや、典型的な質問対策などをしてくれるので、就職活動の経験がなくても充実したノウハウに基づく対応力を身につけられます。

このようなサポートがあるお陰で自信を持って就職活動に挑めるようになるのです。

 

一方、求人に応募する上では履歴書を提出して書類選考を受けなければならないのが一般的です。

ニートの場合には履歴書に目立つ部分がなくて書類選考が通らないことがよくありますが、就職支援を利用するとこの問題も払拭できます。

就職支援サービスを行っている業者がエージェントとしての役割を果たし、企業に対してどのようなポテンシャルがある人材かを伝えてくれるからです。

書類選考なしで直接面接を受けられるケースも多く、自分の人材としての魅力をアピールできるように準備できていれば内定を勝ち取れる可能性が十分にあります。

このようなサポートがあるお陰でニートであっても採用されるチャンスを掴みやすいのが就職支援の魅力です。

 

ニートを続けてきた人におすすめの就職先

ニートを続けてきた人はどのような就職先を選ぶべきかで悩むこともよくあります。

20代までに就職活動を始めて正社員になるべきなのは、この時点なら就職してから成長できる可能性があるからです。

今まで仕事に直接役に立つスキルを習得する機会がなかったとしても、まずは働き始めることができます。

そして努力をし大きな成長を遂げられる可能性がある仕事を選べれば将来は明るくなると考えられます。

このような観点からおすすめの就職先として挙げられるのが営業職です。

営業職は人とのコミュニケーション力やプレゼンテーションのノウハウが求められますが、習得に何年も必要とするようなスキルや知識は必要ありません。商品やサービスについて速やかに理解して、多くの顧客にアピールして回れる学習能力と体力が求められるのが特徴です。

就職支援を利用すると営業スキルの基礎を学ぶこともできるため、就職して間もなく活躍できるようになると期待できます。

企業としては開発した商品やサービスの販促を行う営業職を渇望していて求人も豊富にあります。

その選考の際には若さと基礎的な営業スキルを見ていることが多いため、就職支援を受けて20代のうちに求人に応募すれば採用してもらえる可能性も高いのです。

営業職以外にも若さを求めている就職先はあります。

 

しかし、商品やサービスの販売をする上で営業職は必要不可欠です。

営業職は選択肢が多いため自分が興味のある業界を選んで働ける可能性が高いというのも営業職の魅力です。

脱ニートを実現したいと考えたら、まずは就職支援を活用して営業職を目指してみましょう。

-ニート
-, , ,

Copyright© ジェイックで正社員になった27歳元フリーターが評判を精査 , 2019 All Rights Reserved.