転職業界最大手リクルートが提供する20代専用の就職エージェント「就職shop」!

上京

上京して仕事を探すなら絶対に把握しておきたいポイント

投稿日:

「地元を離れ上京し、正社員として働きたい!」と考える地方出身者は多いのではないでしょうか?

私は岩手県出身なので↑のようなことをいつも考えていましたが、なかなか実行できずうだうだしていた過去があります。

今回は、上京して仕事を探す際、絶対把握しておきたいポイントについて解説します。

 

 上京して生活をするための費用

田舎から上京

上京して仕事を探すとき、まず把握しておきたいのは生活をするために掛かる費用です。

生活するには住居の確保が必須です。アパートの賃貸契約を結ぶとすれば、初期費用が掛かります。

初期費用には主に、敷金、礼金、保証料、火災保険料、仲介手数料、前家賃などの種類があります。

敷金・礼金・仲介手数料・前家賃は家賃の約1ヶ月分、保証料は家賃の約0.5ヶ月分、火災保険料は約1.5万円程が相場です。

東京の一人暮らし用アパートの家賃相場は、場所にもよりますが、大体6~8万円くらいです。

仮に、家賃6万円の物件を契約するとなると、30万円近くの初期費用が発生することになります。

 

また、荷物の運搬などの引っ越し費用も必要です。

引っ越し費用は単身の場合、荷物の量や移動距離などによって、3~10万円ほどが相場です。

なお、新たに家財道具が必要な場合は購入の費用も掛かります。

 

このように、住居を確保し、住める状態にするまでで、すでにかなりの金額が必要になるということです。

そのため、上京して仕事を探すには、まずまとまった費用を準備しなければなりません。

また、東京の家賃相場は全国的に見ても高く、生活費の中でも大きなウエイトを占める部分になることが見込まれます。

家賃を毎月支払っていくためには、早く仕事を見つけ安定した収入を得ることや、他の生活費とのバランスを考えることも大切です。

あらかじめ、収入と生活費の内訳を想像し、毎月のお金の動きをシミュレーションしておくとよいでしょう。

 

上京して仕事を探すメリットとデメリット

 上京して就職するメリット.

上京して生活するためには、できるだけ早く仕事を見つけて、安定した収入を得る必要があります。

そのためには、東京で仕事を探すことのメリットやデメリットも把握しておくべきでしょう。

 

上京して仕事を探すメリット

東京で仕事を探すうえでの最大のメリットは、さまざまな種類の求人案件が豊富に揃っている点でしょう。

地元ではなかなか見つかりにくい業種の求人でも、東京なら見つかる可能性がかなり高いです。

また、同じ業種の中でも求人案件が多数あるので、案件を選んで応募することが可能です。

就職した先で長く働き続けるには、他社とも比較した上で、自分に適した職場を選ぶことが大切です。

そのような観点からみれば、東京は仕事探しにうってつけの土地だと言えるでしょう。

 

上京して仕事を探すデメリット

しかし、デメリットもあることを忘れてはいけません。

求人案件が多いということは、その分当たり・外れも多いということです。

高待遇の案件もあれば、今ひとつというような案件もあります。

応募する前にある程度選定することもできますが、実際面接に行ってみなければわからないことも多々あります。

いわゆる「ブラック企業」と呼ばれるような会社にあたる可能性もあります。

早く仕事を始めるためには、これだと思える求人を早く見つける必要がありますが、案件数が多いため、自分に合った求人に巡り会えず、なかなか仕事が決まらない、というパターンに陥ることもあるでしょう。

 

さらに、東京の求人は1つの案件に対する応募者が多く、特に、好条件・高待遇の案件にはかなりの数の応募者が殺到することも少なくありません。

ライバルが多ければ、その分選考も厳しくなるため、仕事が決まるまで時間が掛かる可能性もあります。

上京して仕事を探すときには、これらのメリット・デメリットをしっかり理解した上で、早い段階で仕事が決まるよう、準備を整えスピーディーに行動する必要があります。

 

仕事を探している状態で部屋を借りるには

上京して部屋を借りるには

上京して仕事探しをするためには、拠点ともなる住居を確保しなければなりませんが、これに関しても必ず押さえておきたいポイントがあります。

それは、求職中は賃貸物件の契約をなかなか結べないということです。

 

求職中は部屋を借りることができない

賃貸物件の契約をするためには、管理会社もしくは大家による審査を通過する必要があります。

審査は、年収、職業・勤務先、保証人、年齢、人柄・見た目などの項目をみて行われますが、とりわけ重要視されるのは、年収や職業・勤務先です。

これらの部分は「契約希望者がしっかり家賃を払い続けられる収入があるのか」という点を判断するための材料です。

 

つまり、正社員などで雇用され、安定した収入を得ている人は、家賃の支払い能力が十分あると判断されやすく、一方、派遣社員やアルバイトなど、収入が不安定な雇用形態であるほど、審査が通りにくくなってくるということです。

そのため、求職中で全く収入がない状態は、かなり審査の通過は難しく、結果、賃貸契約ができず部屋が借りれないという事態になる可能性もあります。

 

求職中に部屋を借りる方法

仕事を探している間はどうしても部屋を借りれないのでしょうか?

確かに難しくはありますが決して不可能ではありません。

年収や職業・勤務先の項目が審査に不利な状況である場合、そのほかの審査項目で補うことにより、審査をできるだけ通りやすくすることはできます。

 

一番有効なのは親族に保証人になってもらうことです。

保証人は、もしも入居者が家賃を支払えない場合、入居者の代わりに家賃を支払うことになります。

そのため、契約希望者との間柄が近く、職業が安定しているほど好印象です。

できるだけ近親で安定した収入のある人を保証人に立てましょう。

 

最も良いのは、現在も働いて収入を得ている両親を保証人にすることです。

保証人がしっかりしていれば、収入がかなり低くても、家賃の支払いができると判断される可能性もありますし、実際あまり収入のない学生が両親などを保証人にして賃貸物件を契約しているケースは珍しくありません。

そのほかには、できるだけ家賃の安い物件を希望するのもポイントです。

家賃の金額は手取りの約3割が目安とされています。

収入額が未確定なうちはできる限り家賃下げた方が良いですよ。

 

人気のない物件を狙うのも1つの方法です。

最寄駅からの距離が遠い・築年数が古い・事件や事故が起こったことがある、などの物件は人気が低いため、審査が通りやすい場合もあります。

また、外国人や生活保護受給者は、賃貸物件の審査に通りにくいため、外国人・生活保護OKとしている物件は、審査に通りにくいほかのパターンでも、審査を通過できる可能性があります。

このように、本人の収入以外の審査項目をしっかりまとめたり、審査が通常より厳しくなさそうな物件を探すなど、可能な限りほかの部分でカバーすれば、審査を通過することは不可能ではありません。

そして、賃貸物件を探して契約の申込をするとき、1番頼りにできるのは不動産屋です。

親身になって一緒に物件探しをしてもらえるよう、現在の状況や困っていることなどは隠さず全て伝えて相談しましょう。

 

上京するならしっかりした準備が大切

上京するには準備が大切

上京して仕事探しをするために、絶対把握しておきたいポイントを説明しました。

費用のこと、仕事探しのメリット・デメリット、物件の賃貸契約についてなどどれも大切な事柄です。

上京して正社員の仕事に就くのは簡単なことではありません

 

しかし、事前に把握しておくべきポイントを押さえ、しっかり準備しておけばスムーズに行動できますし困ったことが起きても落ち着いて対応することができます。

地元を離れた土地で仕事を探すのは大きなチャレンジの1歩です。

新しい生活が充実したものになるよう、万全の態勢で仕事探しをスタートしましょう。

 

正社員の仕事を見つけてから上京したいなら転職エージェントを使うのもあり

ジェイック

 

上京して住む家と仕事を一緒に探すのは難易度たかすぎ…と感じる方は上京を決める前に正社員の仕事を先に見つけられるジェイックがおすすめです。

ジェイックは就職支援のほかに上京支援も行っています。

地方出身者のために、就職活動をしている間住む場所を無料で提供してくれます。

ジェイックはあなたが就職することができたときに、紹介した企業から手数料をもらうビジネスモデルなので完全無料で使えますし、しっかりサポートしてくれます。

上京を考えているのなら使っておいて損のないサービスなのでとりあえず登録だけでもしておくべきでしょう。

 

30秒で登録できます!

ジェイックに申し込む(無料)

※29歳以下限定

 

ジェイックの評判と体験談
ジェイックのやばい評判の真相!悪評と実体験まとめ!

転職業界最大手のリクルートが運営する20代専用エージェント「就職Shop」はコチラ   ジェイックの公式サイトはこちら!     「ジェイック 評判」で検索すると「ブラッ ...

続きを見る

-上京
-, , , , , ,

Copyright© ジェイックで正社員になった27歳元フリーターが評判を精査 , 2019 All Rights Reserved.